季節のたより 『夏』 --- 味覚の宿 双葉荘 --- 滋賀県彦根市の旅館 《政府登録国際観光旅館》
 
双葉荘
インターネットご予約はこちらをクリック!!

お城のまち、琵琶湖の風情、味覚の宿 双葉荘
TOP アクセス・送迎 どんな宿こんな宿

 

ゆかた
夏は夜歩き

初夏から晩夏にかけて、
双葉荘から車で30分以内に夜に楽しめる観光スポットが続々登場致します。
旅の楽しみのひとつにお加えください。
<特典>
1.双葉荘より現地もしくは近隣地まで送迎致します
(交通状況により不可能な場合もございますので、あらかじめご確認ください)
2.女性にはおでかけ浴衣を無料貸し出し致します
双葉荘オリジナル浴衣でお出かけください
(数に限りがございますのでご予約時にお申し込みください)


彦根大花火大会
日時 8月1日

スターマインや全国の花火師の芸術花火など
約6千発の花火が城下町の夜空を彩ります。
お部屋から花火をご覧いただけます。

申し訳ありません、本年は満室となりました。
来年も同日に開催されます。
ご予約はお早めにお申し出ください。


花火

彦根七夕まつり
期日 8月2日~8日

市内商店街にて。
吹流し等の彩り鮮やかな商店街装飾により、七夕ムード・各種イベントを盛り上げます。
また、市内保育園・幼稚園・子ども会の皆さんによる手作りの飾りで彩られた笹竹を 中央商店街のアーケード沿いに設置し、七夕の風情を作り出します。


彦根ゆかたまつり
期日 8月5日

江戸時代の町並みを再現した古くて新しい通り「夢京橋キャッスルロード」で開催されます。 このまちをゆかた姿で歩いてみませんか?ノスタルジックな雰囲気の中、 ステージイベントや屋台で賑わい、ゆかたでお祭りに参加すると、 豪華景品の当たるお楽しみ抽選会に参加することもできます。


彦根万灯ながし
日時 8月6日 

芹川河川敷にて。
当市でも、地域の人々の諸霊をなぐさめるため、びわ湖畔において万灯を流したのが始まりとされ、 以来「びわ湖まつり」の 協賛事業との一環して継続してまいりました。

ご先祖への敬けんな感謝と、日頃忘れがちな自然と万物の恵みに感謝の気持ちを深く印象づけるこの行事を、 いついつまでも伝えたいものです。

また、8月6日 広島に原子爆弾が投下された火災の火を今なお市内日夏町のお寺にて 「原爆の火」として保管しておられます。
この日を用いご先祖様の霊を慰めるとともに、平和を願い灯ろうに点火します。


万灯流し
梅花藻(ばいかも)
ライトアップ期間は 午後7時30分から午後9時まで
お昼間にもどうぞ、涼しいです

双葉荘から北西に車で20分も走ると、中山道61番目の宿場町醒井(さめがい)に着きます。 霊仙山麓の醒井地域は湧き水の宝庫です。
梅花藻は水温が年間を通じて14℃前後の清水に群生する多年草の水草です。梅花藻の生息できる環境を保っている川は稀少。 梅の花に似た小さな花をつけます。
■ 米原市  http://www.maibarashi.jp/


多賀大社万灯祭
日時 8月3日~5日
場所 多賀大社

祭神である伊邪那美命が黄泉の国の守護神であることから、あの世での祖先霊の守護を祈念するものです。
境内には全国各地の信者から寄せられた1万数千灯を越す堤灯が飾られます。

万灯祭
玄宮園で虫の音を聞く会
日時 9月1日~9月30日
会場 国宝彦根城 名勝玄宮楽々園

【銀の音プラン(華の膳対応にて)】
彦根城玄宮園で開催される“虫の音を聞く会”を堪能していただくプランをご用意いたします
数々の特典をご用意致しました。月明の彦根城と共にお楽しみ下さい。

①早いめのお夕食
②玄宮園への送迎
③女性の方にはお出かけ浴衣貸し出し

 

 

 
 
季節のたより   おやどからのお便り   ななのブログ
 

 
  味覚の宿 双葉荘   お電話でのお問い合わせ 0120-28-2667
〈Webでのお問い合わせはこちら〉
味覚の宿 双葉荘
    滋賀県彦根市松原町1377
tel . 0749-22-2667 fax . 0749-26-2936
〈アクセスはこちら〉
   《ご宿泊のお客様》  《お食事・ご宴会のお客様》    
Top ご宿泊プラン・ご予約 ご予約照会・変更 お料理のご案内 施設概要 会席膳プラン お昼食プラン 奥座敷プラン 集えば楽しプラン お会食場のご案内 アクセス・送迎 どんな宿こんな宿
copyright (c) FUTABASOH All rights reserved.